アジアパラ、15歳北野が金1号

男子200メドは山田が勝利

©一般社団法人共同通信社

女子200メートル自由形(知的障害S14)決勝 優勝した北野安美紗=ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジアパラ大会第2日(7日)本格的に競技が始まり、競泳の女子200メートル自由形(知的障害S14)は15歳の北野安美紗(ルネサンス登美ケ丘)が2分17秒66で勝ち、今大会の日本選手団第1号となる金メダルを獲得した。

 同100メートルバタフライ(運動機能障害S10)は池あいり(日体大)が1分9秒40で制し、男子200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)は山田拓朗(NTTドコモ)が2分26秒35で優勝。混合200メートルリレー(運動機能障害)は日本(中村、奈良、成田、鈴木)が2分35秒64で勝った。