金正恩氏、米朝首脳再会談へ意欲

米国務長官「かなり近づく」

©一般社団法人共同通信社

7日、平壌で笑顔を見せるポンペオ米国務長官(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信撮影・共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、金正恩朝鮮労働党委員長が7日、訪朝したポンペオ米国務長官と非核化などを巡り協議したと報じた。金正恩氏とトランプ米大統領の再会談へ向けた実務協議の早期開催で合意、金正恩氏が再会談を機に「必ず大きな前進が実現するとの意志と確信」を表明したと伝えた。

 ポンペオ氏は8日、ソウル市内で記者団に、再会談が「かなり近づいている」と述べ、実現すれば非核化の「実質的な進展」を見いだせるとの期待感を示した。

 米国務省のナウアート報道官は7日、同日の協議で第2回米朝首脳会談の「場所や日時の選択肢を絞った」と言明していた。

ポンペオ米国務長官(右)のツイッターに7日投稿された、同氏と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が並んで歩く写真(共同)