俊野爆発 ヴォルターズ連勝 愛媛に80-75

【熊本-愛媛】第3クオーター、外国籍選手相手にドライブを仕掛ける熊本の俊野=県立総合体育館

 バスケットボールBリーグ2部(B2)第2節最終日は7日、各地で7試合を行った。西地区3位の熊本ヴォルターズはホームの県立総合体育館で同6位の愛媛オレンジバイキングスと再戦し、80-75で退けた。熊本は2連勝で通算3勝1敗、順位は変わらない。

 熊本は長距離攻撃がさく裂し、3点シュート14本が決まった。第1クオーターはパスミスなどでリズムをつかめず、15-19と先行される。第2クオーターに入ると、古野拓巳の3点シュートなど外角を中心に攻めて得点し、前半を36-30で折り返した。

 第3クオーターは序盤に逆転されたものの、俊野佳彦にボールを集めてリードを奪い返す。最終クオーターも要所で俊野が得点し、愛媛の追い上げを振り切った。俊野は7本の3点シュートを成功させ、第3クオーターの15点を含め両チーム最多の31得点をマークした。

 他の西地区勢は島根が山形に2連勝し、香川は福島に敗れた。広島が奈良を下して開幕4連勝。東地区の茨城、中地区の信州も4連勝した。

 熊本は次節の13、14日、兵庫県西宮市立中央体育館で中地区5位の西宮と対戦する。

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから