ハロウィーンにおすすめ!簡単かぼちゃメニューやデコレーション【レシピ付き】

©日本食糧新聞社

もうすぐハロウィーン! 最近では店頭でもハロウィーングッズを頻繁に見かけるようになり、ご家族やご友人と楽しむご予定の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? そこで、かぼちゃを使った手軽にできる料理レシピや、見た目も可愛い写真映えもするデコレーションのアイディアをご紹介します。

冷凍かぼちゃで万能パンプキンマッシュを作ろう

生のかぼちゃももちろん美味しいですが、手軽に使える冷凍かぼちゃも大活躍します。

基本の万能パンプキンマッシュは、電子レンジで解凍して温めた冷凍かぼちゃに、温かいうちにバター、牛乳または生クリームを混ぜます。冷凍保存ができるので、ハロウィーンパーティー前日に作り置きしておけば当日も楽チンです。デザートやおかずなど、いろいろなアレンジができるので、ハロウィーン料理には何かと便利です。

<アレンジ1>パンプキンパイに

お砂糖、卵、シナモン、お好みでクリームチーズやレーズンを加えてパイ生地で包めば、パンプキンパイに。かぼちゃ自体に火が通っているので、200度のオーブンで20〜30分ほどあれば焼けます。

<アレンジ2>野菜のディップソース

マスカルポーネチーズ、またはマヨネーズやヨーグルトなどを加え、塩、こしょうで味を整えれば、野菜とも相性の良いパンプキンクリームディップに。お好みでカレー粉を混ぜてもおすすめ。

<アレンジ3>カナッペやサンドイッチに

スライスしたバゲットに乗せてカナッペ風に、また食パンなどに挟んでサンドイッチにアレンジ。スモークサーモン、生ハム、ベーコン、ゆで卵などをトッピングしても美味しくいただけます。お子様にはドライフルーツや、汁を切ったフルーツ缶をトッピングしても。

<デコレーションアイディア1>お化け型のパンプキンサンド

イングリッシュマフィンを波線を描くように(1個のマフィンで対になるおばけが2つできるように)切り、パンプキンマッシュ、お好みの具材を中に挟みます。

<デコレーションアイディア2>キャンディ型のパンプキンサンド

6枚切りの食パンの耳を落とし、半分の厚さにしてパンプキンマッシュ、お好みの具材を塗り、海苔巻きの要領で巻きます。ラップなどで包んで冷蔵庫で冷やし、ラップをとって適当な大きさに切り、ピックなどで止めます。

ひとつずつラップで包んだり、リボンでデコレーションをしたりするとより可愛らしいキャンディ型のサンドイッチになります。

シチューやグラタンよりも手軽にできる冷凍かぼちゃでミルク煮

シチューやグラタンより手軽にできるのが、かぼちゃのミルク煮。バターやオリーブオイルで、玉ねぎ、小麦粉を薄くまぶした鶏肉または鮭を炒め、冷凍かぼちゃ、牛乳を加えて煮ます。コンソメスープの素や塩、こしょうで味を調えれば体も温まるメインディッシュができます。

かぼちゃの優しい甘みと牛乳が合わさり、お子様にも喜んでいただけると思います。豆乳を使って煮るとさっぱりとした味わいになります。

フライパンひとつで簡単!かぼちゃのガレット

生のかぼちゃだからこそできるかぼちゃのガレット。フライパンひとつで簡単にできます。

<材料>(4人分)
かぼちゃ 300g
ベーコン 2枚
A:ピザ用チーズ 100g
A:ナツメグ 少々
A:塩・こしょう 各少々
オリーブオイル 大さじ1

<作り方>

1. かぼちゃは種とワタを取り除き、皮をつけたまま薄くスライスし、ベーコンは1センチ幅に切る。
2. ボウルに(1)、Aを入れて混ぜる。
3. フライパンにオリーブオイルを入れて弱火で熱し、(2)を広げてかぼちゃが柔らかくなるまで焼く。中火にし、両面こんがりと焼きつける。

お好みでケチャップなどをつけてもおすすめです。

*デコレーションアイディア

ケーキ用の飾りなどは季節になると出回ります。写真はかぼちゃのガレットに、ケーキ用飾りをのせています。