勢関、大相撲沖縄場所をPR 婚約者・比嘉真美子の故郷 

 【那覇】元関脇で東前頭筆頭の勢関は9月27日、12月にある冬巡業・大相撲沖縄場所の広報活動で市の特別養護老人ホーム大名を訪れ、高齢者とカラオケを歌って交流した。同ホームと大名デイサービスフレンドの利用者約70人が参加した。勢関はプロゴルフの比嘉真美子選手と婚約している。

 勢関は得意のカラオケで「北国の春」などを熱唱。司会者が「男前ですね」と振ると「そんなことあります!」。会場から「誰かと似ている」と聞こえると「勢関に似ているとよく言われます」とユーモアたっぷりに返した。

 勢関は会場を見渡し、「皆さんパワフルで勢いがありますね」と感心。「沖縄場所に足を運んで生で相撲の迫力を楽しんで」と呼び掛けた。大山幸代さん(72)は勢関に抱きついて喜び、「ずっとファンで、いつもテレビで応援している。まさか会えるとは思わず、感激」と目を輝かせた。

カラオケを歌いながら参加者と交流する勢関=27日、那覇市・特別養護老人ホーム大名

©株式会社沖縄タイムス社

沖縄タイムス+プラス

パソコン・スマホ・タブレットで、いつでもどこでも紙面が読める。アプリでサクサク。朝5時配信。まずは無料登録。

詳細はこちら