東京五輪組織委が中間報告

コスト膨張抑制へ「努力」

 【ブエノスアイレス共同】2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は8日、ブエノスアイレスで取材に応じ、昨年12月に計画を公表した予算が1兆3500億円から膨らむ可能性に言及した上で、経費削減に向けて一層の努力が必要との認識を示した。組織委は同日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で準備状況を中間報告した。

 組織委は競技会場の借用期間短縮やテスト大会の効率化など主に運営費の見直しで、2200億円余りの削減を実現したと説明。一方で物価上昇などコスト増大の要素も残り、同事務総長は「努力したい」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る