平成最後の国体が閉幕

開催県福井が総合V、次回は茨城

©一般社団法人共同通信社

「福井しあわせ元気国体2018」の総合閉会式で、茨城国体をアピールする横断幕を手に入場する福井県選手団=9日午後、福井市の福井県営陸上競技場

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」は9日、秋篠宮ご夫妻を迎えて福井市の福井県営陸上競技場で総合閉会式が行われ、閉幕した。平成最後となる国体は福井が50年ぶり2度目の天皇杯(男女総合優勝)を獲得。開催都道府県が3年ぶりに男女総合優勝を果たした。福井は皇后杯(女子総合優勝)も初めて手にした。

 陸上の成年少年男子共通400mリレーは東京が40秒00で優勝。ジャカルタ・アジア大会100m銅メダリストの山県亮太が走った広島が40秒07で2位に続いた。

 第74回大会は来年9月28日~10月8日に茨城県で開催される。