正恩氏、ローマ法王に訪朝を要請

文在寅大統領へ伝達

©一般社団法人共同通信社

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長、ローマ法王フランシスコ(ロイター=共同)

 【ソウル共同】韓国大統領府は9日、文在寅大統領が13日からフランスやイタリアなど欧州諸国を歴訪すると発表した。ローマ法王フランシスコとも会談し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が訪朝を要請していることを伝えるという。

 韓国大統領府によると、9月に平壌で開かれた南北首脳会談で、文氏が正恩氏に「法王フランシスコは朝鮮半島の平和、繁栄への関心が高い。一度会ってみてはどうか」と尋ねると「平壌を訪れれば熱烈に歓迎する」と答えたという。文氏は17、18日にバチカン(ローマ法王庁)を公式訪問し、法王と会談する予定。