東京医大の新理事長に矢崎氏

元東大医学部長

©一般社団法人共同通信社

東京医科大の新理事長に就任した矢崎義雄氏(同大提供)

 文部科学省の私大支援事業を巡る汚職事件に絡み、7月に理事長と学長が辞任した東京医科大(東京都新宿区)は9日、理事会を開き、過去に東大医学部長や国立病院機構理事長を務めた矢崎義雄氏(80)を新理事長に決めた。就任は同日付。

 東京医大では医学部医学科の一般入試で特定の受験生への加点や女子らを合格しにくくする得点操作が行われ、臼井正彦前理事長(77)=贈賄罪で在宅起訴=と鈴木衛前学長(69)=同=が直接関与していたことも汚職事件を機に判明した。

 主任教授の林由起子氏(56)が今月1日付で初の女性学長に就任しており、信頼回復を図るとみられる。