明倫堂の教え再評価 記念シンポに町民ら200人

©株式会社宮崎日日新聞社

明倫堂の教えを見つめ直し、どのように未来につなげるか議論したシンポジウム

 高鍋藩藩校明倫堂創設240周年を記念したシンポジウム「人を育てる城下町高鍋~未来に活かす明倫の教え~」(高鍋町、町教委主催、宮崎日日新聞社協力)は7日、同町美術館多目的ホールであった。町民ら約200人が基調講演やパネルディスカッションに聞き入り、町の人材教育の源流である明倫堂の教えを見つめ直した。