東京五輪で難民選手団結成

IOC、リオ五輪は10選手

©一般社団法人共同通信社

リオデジャネイロ五輪の開会式で入場行進する「難民五輪選手団」=2016年8月(共同)

 【ブエノスアイレス共同】国際オリンピック委員会(IOC)は9日、ブエノスアイレスで総会最終日の審議を行い、2016年リオデジャネイロ五輪で初めて結成した「難民五輪選手団」を20年東京五輪でも継続することを正式決定した。大会組織委員会や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と連携して参加基準を設け、20年に出場選手を発表する見通し。

 リオ五輪では、内戦が続くシリアから海を泳いで欧州に渡った競泳女子のユスラ・マルディニら3競技の10選手が特別参加した。