将棋、藤井七段が新人王にあと1勝

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段は10日、大阪市の関西将棋会館で指された第49期新人王戦決勝3番勝負の第1局でプロ棋士養成機関、奨励会の出口若武三段を下して先勝、初制覇にあと1勝とした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る