「原爆が終戦導く」に反論

米在住歴史家、長崎で講演

©一般社団法人共同通信社

 太平洋戦争における日米とソ連の関係に焦点を当てた著作があるカリフォルニア大サンタバーバラ校の長谷川毅名誉教授(77)は10日、長崎市で講演した。歴史学者である長谷川氏は、日本の降伏を巡り、ソ連の動向が大きな影響を与えたと主張。「原爆が終戦の決定的要因として正当化される、との論は成立しない」と訴えた。

 講演は長崎大などが主催し、約70人が集まった。長谷川氏は原爆の使用が日本の降伏を促したとする考え方が、米国で今なお主流であることを紹介した。その上で、日本が戦争末期に終戦への仲介役として期待したソ連が参戦してきたことのほうが「より大きな影響があった」とした。