東洋大陸上部員に厳重注意

1年生への不適切な言動で

ことし1月の箱根駅伝で往路優勝を果たし、喜ぶ東洋大の酒井俊幸監督

 東洋大は10日、陸上部長距離部門の部員4人が1年生部員の態度に不満を抱え、胸元をつかむなどの不適切な言動に及んだとして、4人を厳重注意したことを明らかにした。1年生部員は9月8日付で退部した。

 大学によると、1年生部員が9月8日に遠征先から寮に戻らなかったことから暴力行為の可能性が浮上し、長距離の部員57人に聞き取り調査を実施した。1年生部員と4人は9月20日には陸上部監督らを交えて話し合い、双方が謝罪。東洋大は経緯を関東学生陸上競技連盟にも報告しているという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS