ユース五輪卓球、張本と平野が銀

スポーツクライミングで土肥が金

 【ブエノスアイレス共同】夏季ユース五輪第5日は10日、ブエノスアイレスで行われ、卓球のシングルスは男子の張本智和(エリートアカデミー)、女子の平野美宇(日本生命)がともに決勝で中国選手に1―4で敗れ、銀メダルだった。

卓球男子シングルス決勝でガッツポーズする張本智和=ブエノスアイレス(OIS提供・共同)

 2020年東京五輪でも実施されるスポーツクライミングの男子複合では土肥圭太(神奈川・平塚中教校)が金メダル、田中修太(新潟・直江津中教校)が銀メダルをそれぞれ獲得した。

スポーツクライミング男子複合で金メダルを獲得した土肥圭太=ブエノスアイレス(OIS提供・共同)

 競泳の男子200メートル平泳ぎは花車優(東洋大)が2分11秒63で金メダルに輝いた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る