歌やダンスなど生き生きと披露 佐世保特支校で文化祭

 佐世保市竹辺町の県立佐世保特別支援学校で7日、高等部の文化祭「秋の祭典」があり、生徒らが練習を重ねてきた歌やダンスを生き生きと披露した。
 ステージの部では、校内のオーディションで選ばれた10組による「パフォーマンス甲子園」を初めて企画。曲の雰囲気に合わせた衣装でJ-POPやアニメソングを歌ったり、息の合った踊りを見せたりして会場を盛り上げた。和太鼓部の演奏やダンス同好会の演舞もあった。
 「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターにふんして歌った3年の西上皓凜(ひかり)さん(17)は「みんなが喜んでくれてうれしかった」と笑顔で話した。

アップテンポの曲に合わせて踊りを披露する生徒ら=佐世保市、県立佐世保特別支援学校

©株式会社長崎新聞社

平成の長崎

「平成」ってどんな時代だった? 長崎の平成30年間を写真で振り返る長崎新聞特別企画サイトです

『平成の長崎』ページへ