本庶さん、文科相に研究費注文

「少しでも増加を」

©一般社団法人共同通信社

 今年のノーベル医学生理学賞に決まった京都大学の本庶佑特別教授が11日、柴山昌彦文部科学相を訪問し、科学研究費助成事業について「少しずつでいいですから、増やしていただくというのが国の科学技術として非常に重要だと思っている」と話し、基礎研究への支援を求めた。

 本庶さんは平井卓也科学技術担当相とも面談し、がん免疫療法の仕組みについて「アクセルを踏むんじゃなくて、ブレーキを外してやろうということです」と説明。ノーベル賞授賞式での服装について「羽織はかまにしようかと思っているが、家内はやめてほしいと言っている」と語り、笑いを誘った。