超カルト映画『レポマン』初Blu-ray化!鬼才アレックス・コックスの映画デビュー作!

鬼才アレックス・コックスの映画デビュー作、『レポマン』(84)が12月5日(水)に国内初ブルーレイ化で発売されることが決定。

さえないパンク不良少年がふとしたきっかけでローン代金未払い者から該当の車を没収する回収人<レポマン>となり、変人揃いの先輩たちと仕事をするうちに宇宙人に遭遇し、さらに追い込まれていく姿を描くSF青春物語。1984年製作の本作は各 国映画祭で大絶賛を浴び、ニューヨークでは半年に及ぶロングランを記録し、ロンドンをはじめとするヨーロッパでも大ヒットを 記録した、インディーズ映画界の鬼才アレックス・コックス(『シド・アンド・ナンシー』『ラスベガスをやっつけろ』)の爆発的デビュ ー作。米情報誌エンターテインメント・ウィークリーによる「カルト映画ベスト50」(03発表)では7位にランクインするなど、80年代 を代表するカルト映画の1本と言える作品だ。

主役のオットー役には『アウトサイダー』(83)や『ヤングガン』(88)などに出演し、80年代の若手アイドル俳優の中心人物・エミ リオ・エステベス。先輩レポマンでオットーに仕事を教え込むバッドを演じるのは名優ハリー・ディーン・スタントン。元モンキーズのリーダーであり、音楽プロデューサーのマイケル・ネスミスが、当時無名の新人コックスを監督に起用し、自ら資金調達にあたり、配給はハリウッドメジャーのユニバーサルというインディペンデント映画の新たな地平を切り開くこととなっ た記念碑的作品でもある。

また、物語の舞台がロサンゼルスとなっているのにちなみ、音楽はブラック・フラッグやサークル・ジャークス、スーサイダル・ テンデンシーズ、フィアーなどLAパンクの楽曲が散りばめられ、パンク界のゴッド・ファーザー、イギー・ポップが手がけるテー マ曲も必聴。ビザールで奇天烈な内容と共に、まさに全篇パンクなSFコメディとなっている。

映画『レポマン』

ミリオ・エステヴェス、ハリー・ディーン・スタントン、ヴォネッタ・マギー、オリヴィア・バラシュ、サイ・リチャードソン トレイシー・ウォルター、スーザン・バーンズ、フォックス・ハリス、ビフ・イェーガー
監督:アレックス・コックス 製作:ピーター・マッカーシー、ジョナサン・ワックス 製作総指揮:マイケル・ネスミス 脚本:アレックス・コックス 撮影:ロビー・ミューラー 音楽:ティト・ラリヴァ、スティーヴン・ハフステッター テーマ曲:イギー・ポップ
© 1984 Universal Studios All Rights Reserved.

Follow

Rooftop

on

©有限会社ルーフトップ