教育長、いじめ遺族に「おまえ」

辞職願を提出、新潟・新発田

©一般社団法人共同通信社

 新潟県新発田市の山田亮一教育長は11日、いじめを訴えて昨年6月に自殺した市立中2年の男子生徒宅を今月5日に訪問した際、生徒の父親を「おまえ」と呼ぶ不適切な発言があったとして、辞職願を提出した。

 市教育委員会によると、山田教育長は生徒の父親が小学生当時に担任を務め、面識があった。5日夜は第三者委員会の答申内容の報告と謝罪で訪問。保護者向けに開く説明会への参加意向をやりとりする際に「俺も行くから、おまえも行くか」などと発言した。

 辞職願提出の理由を「ご遺族の気持ちを深く傷つけ、教育委員会への信頼を著しく損ねる結果を招いた責任を取りたい」と説明したという。