銃剣所持の陸自隊員、一時不明

訓練中に、北海道恵庭市

 陸上自衛隊第7師団(北海道千歳市)は11日、北海道大演習場島松地区(恵庭市)で、射撃訓練中だった男性隊員(22)が、小銃や刃渡り約15センチの銃剣を持ったまま一時行方不明になったと発表した。同日昼にいなくなり、午後10時ごろに捜索中の隊員が演習場内で発見した。

 師団によると、隊員は第71戦車連隊所属の陸士長。同日朝から競技会に向けた射撃訓練に参加していたが、昼休み中に「トイレへ行く」と告げた後、行方が分からなくなっていた。発見時、小銃や銃剣はそのまま所持していた。実弾や弾倉は行方不明になった当時から持っていなかった。

 隊員約1500人が捜索にあたった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る