厚真町仮設85戸に申請143件

北海道は追加建設へ

追加の仮設住宅としての活用が決まったトレーラーハウスの内覧会=11日、北海道安平町

 北海道の地震で土砂崩れが起き、住宅470戸が全半壊した厚真町で11日、応急仮設住宅の入居申請が締め切られた。町によると、申請は143件に上り、道が第1期工事として建設している85戸を上回った。道は、町の要望を受けて追加で建設する。本格的な冬の到来を前に、一部住民の避難生活はさらに長引きそうだ。

 道は厚真町に隣接する安平町とむかわ町でも仮設住宅を建設中で、3町とも10月末の完成を予定している。安平町では20戸に対して21件、むかわ町では25戸に対して23件の入居申請があった。

 道は3町からの報告を受けて第2期工事の戸数を調整し10月中の着工を目指している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る