バレー、日本は3次リーグへ

女子世界選手権

日本―ブラジル 第1セット、スパイクを決める古賀=名古屋市ガイシプラザ

 バレーボール女子の世界選手権第10日は11日、名古屋市のガイシプラザなどで2次リーグ最終戦が行われ、E組で世界ランキング6位の日本は4位ブラジルに2―3で敗れて7勝2敗となったが、勝ち点差でE組2位になって6強による3次リーグに進んだ。

 日本は荒木(トヨタ車体)のサーブなどで第1セットを25―23で先取。古賀(NEC)の強打などで第2セットも25―16で制したが、第3セットを26―28で失うとその後も21―25、11―15で奪われた。E組はオランダがセルビアに勝ち、8勝1敗で突破が決定。F組はイタリアが前回優勝の米国に勝ち、9戦全勝で1位となった。

日本―ブラジル 第3セット、ボールに飛びつく長岡=名古屋市ガイシプラザ

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る