サウジ記者不明で共同捜査を表明

トルコ、詳細は不明

ジャマル・カショギ記者(AP=共同)

 【イスタンブール共同】トルコのカルン大統領府報道官は11日、著名なサウジアラビア人反政府記者がイスタンブールのサウジ総領事館を訪問後に行方不明になった問題で、トルコとサウジの共同捜査班を立ち上げると表明した。サウジ側の要請に基づくという。アナトリア通信が伝えた。

 共同捜査の詳細は不明。トルコ当局はこれまで、総領事館を近く捜索する見通しを示していた。

 サウジ政府を批判していたジャマル・カショギ記者は2日、結婚に関わる書類取得のため総領事館を訪れた後、連絡が取れなくなった。トルコ当局は館内で殺害されたとの見方を示すが、サウジ側は記者が立ち去ったと主張。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る