長い信号待ちでブレーキ保持が不要に|スバル インプレッサ改良モデルを発表

©オートックワン株式会社

「インプレッサ」改良モデルを発表

オートビークルホールド機能で運転の快適性を向上

2018年10月11日、スバルは同社のハッチバックであるインプレッサスポーツ、セダンであるインプレッサG4をそれぞれ改良し、11月2日から発売することを発表した。

今回の改良では、長い信号待ちや一般道での渋滞など、通常はブレーキペダルを踏み続けなければならないようなシーンで、ブレーキペダルから足を離しても自動的に車両の停止を保持する「オートビークルホールド機能」を追加。ドライバーの疲労軽減と、運転の快適性を向上させた。

販売計画は2,200台/月、価格は1,944,000円(消費税込、インプレッサスポーツ/G4 1.6i-L EyeSight 2WD)~となる。