東京円、112円台前半

©一般社団法人共同通信社

 12日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台前半で取引された。

 正午現在は、前日比03銭円安ドル高の1ドル=112円25~26銭。ユーロは77銭円安ユーロ高の1ユーロ=130円27~31銭。

 米国の株価続落で投資家のリスク回避姿勢が強まり、比較的安全な資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となった。その後はドルが買い戻された。

 外為ブローカーは「米中貿易摩擦への懸念がやや後退しており、株価の大幅下落の割には円高ドル安は進んでいない」と指摘した。