ホンダの大型ツアラー『ゴールドウイング』に新タイプと新色が追加。11月9日より発売

 ホンダが10月12日、大型プレミアムツアラー『Gold Wing(ゴールドウイング)』シリーズにタイプの追加と、カラーバリエーションの変更を発表。Honda Dreamより11月9日に発売する。

 ゴールドウイングは、モーターサイクルとしては唯一となる水平対向6気筒1800ccエンジンを搭載した大型プレミアムツアラー。2018年1月には17年ぶりに全面刷新され、ホンダ独自の二輪車用ダブルウィッシュボーンフロントサスペンションの採用や軽量かつコンパクトな車体、新設計のエンジンなどで注目を集めた。

 今回は『Gold Wing Tour(ゴールドウイング ツアー)』のみにタイプ設定されていた、ホンダ独自の二輪車用デュアル・クラッチ・トランスミッションを、ゴールドウイングにも標準装備するモデルを追加。

 また、全タイプにダークネスブラックメタリックのカラーリングを新採用。『Gold Wing Tour Dual Clutch Transmission<AIRBAG>』にはキャンディーアーダントレッド、パールグレアホワイトのカラーリングが追加されている。

 メーカー希望小売価格は装備によって異なり、ゴールドウイングの273万6720円からゴールドウイング・ツアー・デュアル・クラッチ・トランスミッション<エア・バッグ>の331万9920円まで。新しいモデルとカラーリングの発売は、上述のとおり11月9日となっている。

ゴールドウイング・ツアー・デュアル・クラッチ・トランスミッション<エア・バッグ>(キャンディーアーダントレッド )
ゴールドウイング・ツアー・デュアル・クラッチ・トランスミッション<エア・バッグ>(パールグレアホワイト)

©株式会社サンズ