輸送繁忙期 慎重運転を

室蘭でも街頭啓発、秋の交通安全運動初日

©株式会社室蘭民報社

交通事故撲滅へ啓発を図る署員ら

 農作物の収穫期を迎え、ドライバーによりいっそうの安全運転を呼び掛ける2018年度(平成30年度)秋の輸送繁忙期の交通安全運動が、11日の街頭啓発を皮切りに始まった。

 トラックなどによる交通量増加の周知に加え、薄暮時間帯の早めの点灯を促す運動。この日は室蘭市中央町の室蘭中央通りで実施。室蘭警察署署員や室蘭交通安全協会会員ら40人が、蛍光色のジャンパーを着用し、旗を掲げた。

 同運動は20日まで。市内各地で、ティッシュやチラシの配布のほか、中島商店街で街頭放送による啓発に努める。
(鈴木直人)