複数国艦船が「軍艦旗」掲揚

国際観艦式、韓国要請に応じず

 【西帰浦(韓国・済州島)共同】韓国海軍が11日に南部済州島で開いた国際観艦式の海上パレードで、艦船に自国と韓国の国旗だけを掲げるよう韓国側が参加国に要請したのに、複数国が軍艦旗を掲げていたことが12日、関係者への取材で分かった。海上自衛隊では自衛艦旗の旭日旗に相当し、海自は要請に応じられないとして参加を見送った。

 関係者によると、軍艦旗の掲揚が確認されたのはオーストラリア、カナダ、シンガポール、タイの艦船。韓国海軍関係者は「要請に強制力はない」とも説明しており、海自関係者は「受け止め方を巡り、各国で対応に違いが出ただけだろう」と話した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS