館林市、新観測点ちょっと涼しく

気象庁がアメダス移転

群馬県館林市のアメダス観測所。建物が密集する消防署駐車場(下)から県立高校のグラウンド端に移転した。

 新観測点の方がちょっと涼しく―。気象庁は12日、猛暑で知られる群馬県館林市の2カ所で7月2日~10月1日に気温を観測した結果を公表した。もともと地域気象観測システム「アメダス」が置かれていたアスファルト舗装の多い住宅街と、移転先の風通しの良いグラウンドで差が出るかが注目されたが、最高気温の平均は新観測点が0.4度低かった。

 館林市は暑さで街をPRしていたが、アメダスがアスファルト舗装の多い住宅街にあったため、ツイッター上では、館林ならぬ「ズル林だ」のつぶやきも。注目が高まり、気象庁は6月にアメダスを移転後、旧観測点にも臨時の温度計を置いて観測してきた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS