五輪代表選考の透明化を要望

JOC山下選手強化本部長

 日本オリンピック委員会(JOC)は12日、2020年東京五輪に向けて競技団体の強化責任者を集めて情報を共有する「東京2020強化ミーティング」を東京都内で開催した。今後本格化する代表選考のあり方についても意見交換し、山下泰裕選手強化本部長は「国民全てが注視していると言っても過言ではない。選手選考の透明化を大事にしていただければ」と要望した。

 会議では既に選考方針を固めているマラソンや卓球の事例が説明されたほか、ジャカルタ・アジア大会で男子代表選手の買春行為が起きた日本バスケットボール協会から経緯や再発防止策の報告もあった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS