中川大志、舞台あいさつは毎回緊張

緊張しながらあいさつに臨んだという中川大志

 俳優の中川大志が12日、都内で行われた映画『覚悟はいいかそこの女子。』の初日舞台あいさつに出席した。主演を務めた中川は無事に公開を迎えたことを喜びつつも、舞台あいさつは緊張するとのことで「猫かぶらなきゃ」と苦笑いを浮かべて会場の笑いを誘った。

爽やか!中川大志、唐田えりか、伊藤健太郎ら若手俳優陣【写真】

 椎葉ナナによる同名漫画を実写化した本作は、超絶イケメンだけど恋愛経験ゼロ、実は「究極ヘタレ」な主人公・古谷斗和(中川)が初めて本気の恋に落ち、相手を振り向かせるために奮闘するラブコメディー。この日は、斗和が恋に落ちる学年一の美少女を演じた唐田えりか、同級生役の伊藤健太郎甲斐翔真若林時英、恋敵の美術教師役の小池徹平、監督の井口昇も出席した。

 客席には「覚女」特製のメガホンを持った女性ファンが多数詰めかけ、黄色い声援を送ると、感慨深げな面持ちを見せた中川。イベントでは「誰が一番ヘタレ男子か」というテーマでトークが進んでいき、井口監督が「中川さんは怖がり男子」と中川を指名する一幕も。続けて甲斐が、中川が壇上に立つまですごく緊張していたことを紹介すると、中川は「マスコミの方もいますから(舞台あいさつは)毎回緊張するんです。猫かぶらなきゃって」と苦笑いを浮かべた。

 そして、撮影当時のことが話題になり、中川は年上の小池との共演を振り返って「(共演シーンは)多くはなかったんですけど、本当に先生のように優しくてスマートで、見習いたいなって思いました」と絶賛。唐田も「撤平先生はずっと優しくて、ずっと爽やかでした。しりとりをして遊んでもらいました」と嬉しそうに明かした。2人からの誉め言葉に小池は「褒めても何も出ないぞ」と照れくさそうな笑顔で答えていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『覚悟はいいかそこの女子。』は公開中

©株式会社シネマトゥデイ