大石順教の口筆作品展、和歌山

九度山町の資料館で

尼僧大石順教の生誕130年を記念した「遺墨展」=12日、和歌山県九度山町

 両腕を失いながら口に筆をくわえて書画を描き、障害者の支援にも尽力した尼僧大石順教(1888~1968年)の生誕130年を記念した「遺墨展」が12日、和歌山県九度山町の高野紙伝承資料館「紙遊苑」で始まり、観光客らが熱心に見入った。21日まで。

 大阪生まれの順教は17歳の時、養父が起こした殺傷事件により両腕を切断。やがて口で筆が使えることに気付き、書・絵画の修行に全霊を傾け、口筆の「般若心経」が日展に入選した。身体障害者の社会復帰にも生涯をささげた。

 遺墨展では、「夢」の字と「蝶」の絵をあしらった「夢蝶」など30点を超える作品が展示されている。

口に筆をくわえて書画を書く晩年の大石順教

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS