青木愛:元シンクロ日本代表がレマン湖畔の美しい街巡り 旅サラダでスイスの旅

スイス・ヴヴェイにあるミュージアム「チャップリン・ワールド」を楽しむ青木愛さん(C)ABC

 土曜朝の旅情報バラエティー番組「朝だ!生です 旅サラダ」(ABC・テレビ朝日系、土曜午前8時)。13日の「海外の旅」は、スイスの旅の第2週。元シンクロナイズドスイミングのオリンピック日本代表で“旅サラダガールズ”の青木愛さんがアルプスの山々に囲まれたレマン湖畔にある美しい街を巡る。

 「海外の旅」はスイスの旅の2週目。まずは、フランスとの国境にあるレマン湖のほとり、国際オリンピック委員会の本部が置かれる街・ローザンヌを訪れ、オリンピックミュージアムへ。興味津々の青木さんは、昔のユニホームや各大会のメダルなど、さまざまな展示資料を見ながら、自らが出場した北京オリンピックの思い出を語る。

 続いては喜劇王と呼ばれたチャーリー・チャップリンが20数年間、家族と暮らした緑豊かな湖畔の町・ヴヴェイへ。現在は博物館になっているチャンプリンの邸宅を訪れ、チャップリンの作品や部屋を見学。さらに、世界初のチャップリンをテーマにした公式ホテルに宿泊し、チャップリンの世界を楽しむ。

 そして、スイス有数のワインの産地・ラボー地区へ。どこまでも続くブドウ畑の中に集落が点在する景観美と歴史的価値から世界遺産に登録されている同地区で、青木さんは16世紀から家族経営で代々続くワイナリーを見学し、辛口の白ワインを試飲。さらに、集落にある人気レストランで地元のワインと料理を楽しみ、優雅な時を過ごす。

 「朝だ!生です 旅サラダ」は、ゲストやレギュラー出演者の国内外の旅行を通して、旅の楽しさや素晴らしさ、地元のグルメ情報などを紹介する人気番組。今週の「ゲストの旅」は、俳優の風間トオルさんが山口県を旅する。

©株式会社MANTAN