米国の臨界前核実験で相模原市長が抗議文

©株式会社神奈川新聞社

 米国が昨年12月、核爆発を伴わない臨界前核実験を行っていたことを受け、相模原市の加山俊夫市長は12日、米国政府に抗議文を送った。

 抗議文では「核兵器の廃絶と世界の恒久平和が実現されることを願う国際社会を失望させ、貴国への信頼を大きく失墜させる」と指摘。今後一切の核実験を行わないよう要請した。

加山俊夫市長