米核実験で横浜市長が抗議文

©株式会社神奈川新聞社

 米国が昨年12月、プルトニウムを用い、核爆発を伴わない臨界前核実験を行っていたことを受けて、横浜市の林文子市長は12日、米国に対して抗議文を送った。

 抗議文では、今回の臨界前核実験について、「国際社会における核軍縮の取り組みに計り知れない悪影響を及ぼす」と指摘。今後、すべての核実験を行わず、核兵器廃絶と恒久平和の実現に向けた一層の取り組みを行うよう要請している。

横浜市の林文子市長(資料写真)