レンジで簡単マッシュかぼちゃ!ハロウィンに使えるかわいいアレンジ3選

©日本食糧新聞社

プチプラアイテムでいつもの食卓をパッと華やかに演出するテーブル&フードスタイリストの渡辺有子です。10月はハロウィンをテーマに、かぼちゃを使用したお惣菜やカフェメニューが充実していますね。鮮やかなオレンジ色は見た目にも華やかでハロウィン気分を盛り上げてくれます。
そこで今回は、マッシュかぼちゃを用意して簡単手軽なアレンジでオシャレに仕上がるホームパーティーメニューをご紹介します。

レンジ加熱で簡単!ホクホクした食感に

マッシュかぼちゃは、ホクホクした食感がポイントですね。いろいろな調理方法がありますが、おすすめは簡単なレンジ加熱です。前回かぼちゃのポタージュの記事でも触れましたが、ハロウィンのおもてなしなどで使用するなら、鮮やかなオレンジ色に仕上げることがおいしく見せるポイントなので緑色の皮の部分は削いで使用します。

5mmほどに薄切りしたかぼちゃを耐熱容器に入れて、500Wで2分ほど加熱します。竹串をさしてスッと通れば出来上がりなのでめん棒やフォークで潰します。熱いうちに潰すことでべたつかずにホクホクした食感に仕上がります。

マッシュかぼちゃでオシャレな前菜風デリサラダ

マッシュかぼちゃを使用したアレンジ、まずはマッシュかぼちゃを使ったオシャレな前菜風の1品です。

マッシュかぼちゃにマヨネーズとヨーグルトを加えて滑らかにして、塩コショウで味を調えお好みでレーズンを入れて混ぜ合わせれば出来上がりです。

ほんのりかぼちゃの優しい甘さとマヨネーズとヨーグルトの酸味がおいしい1品です。大皿にのせてデリ風サラダとしても良いですが、こんな風に大きめのスプーンですくってざっくりと形を整えてクラッカーにのせるとオシャレな前菜風に。

仕上げにハロウィン柄のラッピング用タイを爪楊枝に巻き付けたオリジナルのハロウィンピックをさして並べてみました。あっという間の簡単メニューですが、一口サイズの前菜が食卓に並ぶだけでかわいい演出になりますよ。

マッシュかぼちゃで一口サイズのかわいいコロッケ

マッシュかぼちゃがあれば、小さなお子さんから大人までみんなに人気のコロッケも簡単に作ることができます。

茹でてつぶして丸めて…、と何かと手間がかかるコロッケも、マッシュかぼちゃを用意しておけば手間が省けて時短に。レンジ加熱したタマネギとマッシュかぼちゃを混ぜ合わせ、一口サイズの小さめに丸めて揚げれば出来上がり!

一口サイズの小さめにしておくことで、見た目にもかわいいですし、コロッケだけでお腹いっぱいにならず、いろいろなメニューと一緒にホームパーティの料理を楽しむことができます。

マッシュかぼちゃでスイーツ作りも簡単!

手づくりのかぼちゃスイーツなんて難しそう…!と思われるかもしれませんが、マッシュかぼちゃがあればモンブランも簡単に作ることができます。

マッシュかぼちゃを裏ごしして砂糖を入れて混ぜ合わせ、絞れる程度になるまで生クリームを加えたらかぼちゃクリームの出来上がりです。裏ごしのひと手間で格段に滑らかな口当たりに仕上がりますよ!

ハロウィンカラーにあわせてスポンジ生地ではなく土台に使用するのはオレオです。市販品を利用できるとハードルも下がりますね。

クリームの絞り出しは、モンブラン用の金型がなくても大丈夫です。

下の画像のようにジップロックなどしっかりした袋に入れて端を少しだけ切り落として準備しましょう。
できるだけ空気が入らないようにギュッと端にかぼちゃクリームを寄せておくと絞り出しやすくなります。

余裕があれば、硬めに泡立てた生クリームをのせてからかぼちゃクリームを絞り出すとより本格的でボリュームもアップしますが、今回は絞り出す前のかぼちゃクリームを少しとっておき、手で形を整えながら円すい型にしてオレオの上にのせて用意しました。

円すい型のかぼちゃクリームに沿って絞り出せば、きれいなモンブランの形になりますよ。

マッシュかぼちゃを使用した前菜からスイーツまでご紹介しました。レンジ加熱で簡単に用意できるマッシュかぼちゃがあれば、ハロウィンパーティーで歓声があがるおしゃれなメニューも手軽に作ることができますのでぜひ試してみてくださいね。