辻口氏の秋限定の「栗」スイーツ 菰野町・アクアイグニスに販売ギャラリー開設

 【三重郡】菰野町菰野の複合温泉施設「アクアイグニス」は、「栗市」と銘打ち、パティシエの辻口博啓さんが手掛ける人気店「コンフィチュール アッシュ」の秋限定スイーツが買えるギャラリーを、11月25日までの期間限定で施設内に設けている。

 場所は、温泉施設のそばにあるガラス張りの建物「アネックス」。今回、約64.8平方メートルある室内の空間プロデュースを、四日市市の陶芸家で造形作家としても活躍する内田鋼一さんが手掛けた。

 フランス産マロンペーストと小豆を一緒に炊き上げた栗あんを、伊勢抹茶とホワイトチョコレートを練り込んだ生地で包んだまんじゅうや、栗とサツマイモのタルト、栗を使ったジャムなど8種類の限定商品が並ぶ。カフェスペースも設けており、週末の土・日曜日限定でオープンし、内田さんの茶わんで抹茶とまんじゅうがいただける。

 辻口さんは「秋ならではのスイーツと、内田さんが手掛けた空間を一緒に楽しんで」と話していた。

【「栗市」をPRするパティシエの辻口さん(左)と内田さん=菰野町菰野のアクアイグニスで】
【商品を求める人でにぎわうギャラリー内】

©株式会社伊勢新聞社