パールズ8強入り 女子7人制ラグビー鈴鹿大会開幕

©株式会社伊勢新聞社

 女子7人制ラグビーの太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018第4戦・鈴鹿大会は13日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿で開幕した。

 女子7人制ラグビーの日本一を決める大会で県内では初の開催。県内から唯一参加しているパールズはベスト8入りし、14日の準々決勝進出を決めた。

 シリーズ全4大会の最終戦で、四日市市を拠点に、昇格1年目で初の総合優勝を目指すパールズなど12チームが2日間の日程で熱戦を繰り広げる。

 初日は4チームずつ3グループに分かれて予選リーグを実施。パールズは北海道バーバリアンズディアナに24―7、東京フェニックスに21―0、チャレンジチームに28―12で勝って、3戦全勝でグループ1位になった。14日の準々決勝でRKUラグビー龍ケ崎GRACEと対戦する。