【パスラボ】ワイヴァンズ4連敗、最下位転落 Bリーグ2部、青森戦で80−90

 バスケットボール男子のBリーグ2部は第3節第2日の13日、各地で9試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで青森(同地区)と対戦し、80−90で敗れた。4連敗を喫し、通算成績は1勝4敗で順位は最下位に転落した。

 山形は河野誠司、中島良史、佐藤正成(山形南高出)、ウィル・ヘンリー、チュクゥディエベレ・マドゥアバムが先発した。第1クオーター(Q)にパスミスなどから失点を重ねると、攻撃でも流れをつかめず、第2Qには点差が最大31まで広がった。後半は攻勢に転じ、河野の3点シュートや、果敢に攻め込むヘンリーの連続得点などで一時6点差まで追い上げたが及ばなかった。

 ヘンリーが29得点11リバウンド、マドゥアバムが15得点11リバウンド、中島は12得点、古橋広樹は10得点だった。1435人が観戦した。

 第3日の14日は同会場で青森と再戦する。

©株式会社山形新聞社