アジアパラ大会が閉幕

日本、2年後東京へ課題も

ジャカルタ・アジアパラ大会の閉会式で、次回開催地の中国・杭州の関係者に引き継がれた大会旗=13日(共同)

 【ジャカルタ共同】障害者スポーツの総合大会、第3回ジャカルタ・アジアパラ大会は13日、ジャカルタ市内で閉会式が行われ、8日間の戦いに幕を下ろした。過去最多300人超の選手で臨んだ日本選手団は、競泳を中心に歴代最多の「金」45個を含む198個のメダルを獲得したが、2年後の東京パラリンピックに向け、強化面で課題も残した。

 前回大会で3位だった金メダルの数は、イランに抜かれて4位に後退した。圧倒的な強さで170個を超える金メダルを獲得した中国勢との差も大きかった。

ジャカルタ・アジアパラ大会の閉会式を前に盛り上がる人たち=13日(共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る