クラシック・オーケストラは、なぜジャズを見事に演奏できるのか?

「Getty Images」より

 ジャズピアニストの山下洋輔さんと共演していると、彼のスイングのリズム感や、高い音にクライマックスを持っていく通常の音楽のやり方とは真逆で、ピアノの最低音あたりに拳骨を持っていき、鍵盤を叩きつけてクライマックスをつくり出すことに、とても新鮮さを感じます。そして、僕はクラシック音楽だけを続けてきた指揮者なのですが、まったく違和感なくジャズ奏者の彼と音楽を楽しんでいることに気付きます。

 ほかのジャンルの音楽では、こうはいきません。もちろん、ロックやフォークのミュージシャンと共演するのは、とてもエキサイティングで、それはそれで嫌いではないのですが、やはり「僕は“よそ者”だなあ」と、心のどこかで感じてしまうのかもしれません。しかし、ジャズの場合はそれを感じないのが自分でも不思議ですし、オーケストラのメンバーも同様に心から楽しんでいるようです。

 オーケストラが演奏する一番有名なアメリカの曲は、ガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』ではないでしょうか。名前をご存じでなくても、必ずどこかで聴いたピアノソロとオーケストラのジャズ音楽です。これこそまさしく、僕が何度も山下洋輔さんと共演した曲で、1924年の作品。ちょうど、ルイ・アームストロングがニューヨークに移り住み、ヘンダーソン楽団に入団した年です。1920年代は、まだヨーロッパ系白人ジャズバンドと、アフリカ系黒人ジャズバンドに分かれていたころで、ユダヤ系の白人であるガーシュウィンは、白人バンドのために作曲しました。黒人のアームストロングの魂を振り絞ったような音楽ではなく、今でいうとチック・コリアのような、知的で端正なスタイルではありますが、最初から最後まで“スイング・ジャズ”で貫かれています。

 さて、『ラプソディ・イン・ブルー』を演奏すると、オーケストラも一緒になって毎回大盛り上がりに終わるのですが、どうしてクラシック・オーケストラがジャズも見事に演奏できるのでしょうか。

 ジャズは、黒人社会で産声を上げました。そしてそこに、クラシック音楽の理論を組み合わせて、つくり上げられたのです。ジャズ奏者が、クラシック音楽の大家、バッハの音楽をジャズに仕立て上げることがよくありますが、そこには共通の価値観があるからにほかなりません。つまり、クラシック音楽とジャズ音楽は、親戚関係といってもいいのです。実際に、オーケストラのトランペット、トロンボーン、コントラバス奏者などをはじめ、少なくない楽員が、まじめな顔をしてベートーヴェンやブラームスの曲を演奏した後、いそいそとジャズクラブに出かけて行って、セッションに加わることも多いです。これは、世界のどこに行っても同じ光景です。

●ジャズとクラシックの不思議な関係

 話が変わりますが、10年くらい前に、アメリカの研究所がある興味深い研究発表をした記事を読みました。どの新聞の記事か記憶は定かではありませんが、研究内容は「音楽の趣向と脳の関係」でした。人間の脳のある部分が、好きな音楽を聴くと強く反応するらしく、彼らはこういう実験をしました。

 まずは、音楽の趣向が違う人たちをたくさん集め、クラシック音楽を聴かせてみます。そうすると、強く電気反応が出る人もいれば、ほとんど出ない人もいる。つまり、反応が出る人は、簡単に言うと、楽しんでいるというわけです。次に、ロック音楽を聴かせてみます。すると、ロック好きの人には反応が出るけれど、クラシック好きの人では反応がほとんど出なかったそうです。フォーク音楽を聴かせても同じでした。つまり、自分の好きなジャンルの音楽には反応が出るけれども、ほかの音楽ではほとんど出なかったそうです。

 なかには、「私はクラシックとロックも両方大好きです」という方もいるかもしれませんが、あくまでもアメリカの研究所の発表だとご理解ください。

 さて、そこで今回の記事の主役のジャズはどうでしょうか。それが不思議なことに、クラシック好きの人にジャズを聴かせても、ジャズ好きの人にクラシックを聴かせても、脳波は強く反応を示しました。

 そこでハタと思い出しました。ある程度年齢を重ねてからクラシック音楽を聴くようになってきた方々から、「僕はもともとジャズが好きなんです」と伺うことが多いのです。

 僕もジャズを聴くことが多いのですが、ドイツのベートーヴェン、ロシアのチャイコフスキー、フランスのラヴェルのような、スタイルの違う作曲家を一様に大好きなのと同じく、アメリカのジャズも楽しんでいるのかもしれません。

 さて、最後にもうひとつ。20世紀になってジャズが発展してくると同時に、特にフランスではジャズが多くの作曲家たちに影響を与えました。ミヨーのようにジャズにすっかりはまってしまった作曲家もいますが、なかにはフランスの大家、ラヴェルもいました。ある日、彼のパリの自宅にガーシュウィンが訪ねて来ました。ガーシュウィンは、以前から尊敬するラヴェルに「作曲を教えてほしい」と、わざわざアメリカから懇願しにやって来たのでした。そこでラヴェルは、「あなたは既に一流のガーシュウィンなのだから、二流のラヴェルになる必要はないでしょう」と答えました。

 結局、ガーシュウィンはラヴェルに習うことはできませんでしたが、ガーシュウィンとラヴェルが同じ音楽仲間としてお互いを認め合っていたことが、僕の心に留まります。

 さて、ジャズ好きの皆さんも、ぜひクラシックを楽しんでください。また、ロック好きの方も、フォーク、演歌、レゲエ好きの方々も、オーケストラはまた違う世界を見せてくれますし、これまで以上に脳が反応するかもしれませんよ。年齢によっても、脳はドンドン変わっていくわけですから。
(文=篠崎靖男/指揮者)

©株式会社サイゾー