<レスリング>【2018年世界選手権・展望(15)】連覇を目指すビクトル・ネメス(セルビア)…男子グレコローマン77kg級

©公益財団法人日本レスリング協会

※10月13日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

75kg級に続く優勝を目指すビクトル・ネメス(セルビア)

 74・75kg級でオリンピック連覇を達成し、今年の欧州選手権を制したロマン・ブラソフ(ロシア)はひざの手術で不参加が伝えられている。昨年75kg級優勝で今年の欧州選手権2位のビクトル・ネメス(セルビア)、昨年繰り上げで2位となったタマス・ロエリンツ(ハンガリー)、同3位でU-23世界選手権75kg級優勝のファティ・センギズ(トルコ)らが優勝を争うか。

 昨年71kg級3位で、階級を上げて今年のアジア大会優勝のモハマダリ・アブドラハミド・ガラエイ(イラン)が世界の舞台でどこまでやれるか。

 2013年世界選手権75kg級優勝の金炫雨(韓国)は、アジア大会はアクゾル・マクムドフ(キルギス)に敗れて3位に終わったが、7月のトビリシ国際大会(ジョージア)でガラエイを破っている。まだ世界トップの実力はあると見ていい。アクゾル・マクムドフは2月のアジア選手権72kg級優勝で、9月の世界ジュニア選手権77kg級3位の成長選手。

 パンアメリカン選手権優勝のアリエル・フィス・バティスタ(キューバ)がどこまで上位に食い込めるか。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権75kg級】
[1]Nemes, Viktor(セルビア)
[2]Loerincz, Tamas(ハンガリー)
[3]Abdvali, Saeid Mourad(イラン)
[3]Cengiz, Fatih(トルコ)
[5]Kilov, Kazbek(ベラルーシ)

 【2018年欧州選手権】
[1]Vlasov, Roman(ロシア)
[2]Nemes, Viktor(セルビア)
[3]Loerincz, Tamas(ハンガリー)
[3]Mursaliev, Elvin(アゼルバイジャン)
[5]Kessidis, Alexandros Michel(スウェーデン)
[5]Dzamashvili, Tornike(ジョージア)

 【2018年アジア大会】
[1]Geraei, Mohammadali Abdolhamid(イラン)
[2]Makhmudov, Akzhol(キルギス)
[3]Kim, Hyeon-Woo(金炫雨=韓国)
[3]Yang, Bin(楊斌=中国)

 【2018年アジア選手権】
[1]Yang, Bin(中国)
[2]Geraei, Mohammadali Abdolhamid(イラン)
[3]Permanov, Shermet(トルクメニスタン)
[3]Yerezhepov, Maksat(カザフスタン)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Fis Batista, Ariel(キューバ)
[2]Cuero Munoz, Jair Alexis(コロンビア)
[3]Jimenez Terry, Reinier(グアテマラ)
[3]Marques Moreira, Angelo Rafael(ブラジル)