経済打撃のトルコ、米に歩み寄り

牧師釈放、対立解消は見通せず

釈放されてトルコの空港に到着したブランソン牧師(中央)=12日、トルコ西部イズミル(AP=共同)

 【イスタンブール共同】トルコで2016年10月に拘束された米国人ブランソン牧師が12日、釈放され、米メディアによると13日に空路で米国に到着した。牧師拘束を巡る米国との対立激化を背景に、通貨リラが急落するなど経済に深刻な打撃を受けたトルコが、対米関係修復へ事実上歩み寄った。ただ両国間の懸案はほかにも多く、対立解消は見通せない。

 両国は8月、牧師拘束を巡り異例の制裁合戦を展開。トルコのエルドアン大統領は「牧師のためにトルコを犠牲にするのか」と米国批判を繰り返した。

 ただ地元メディアによると、今月9日には「司法の決定には従う必要がある」と発言した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る