豊洲市場一般公開で大勢の観光客 各店舗に行列も...

11日に開場した東京都の豊洲市場で、13日から、一般公開が始まり大勢の観光客が訪れた。

開場後、初めての週末を迎え、一般公開が始まった豊洲市場。

一般客は、築地市場から移転してきた老舗の喫茶店や、すしなどの飲食店を利用することができるようになり、朝から大勢の人でにぎわった。

訪れた人は、「うれしいですね。子ども連れてお散歩コースになるし、おいしいものも食べられるし、最高です」と話した。

センリ軒店主・川島進一さんは、「豊洲市場は素晴らしいと言ってくれるよう、頑張っていけば、今まで以上になっていく」と話した。

また、見学者用の通路からは、競りが行われる卸売場や、仲卸業者の店舗が集まる水産仲卸売場などを見ることができる。

豊洲市場は、15日以降、日曜・祝日などの休場日を除いて、午前5時~午後5時までとなる。

©株式会社フジテレビジョン