イル・ロンバルディアでフランスのピノが初優勝

©株式会社八重洲出版

(photo : LaPresse - D'Alberto / Ferrari)

イタリアのレースシーズンを締めくくる『落ち葉のクラシック』と呼ばれるイル・ロンバルディア(UCIワールドツアー)が、10月13日にベルガモからコモまでの241kmで競われ、フランスのティボー・ピノ(グルパマ・FDJ)が残り14kmを独走で逃げ切って初優勝した。

2位はディフェンディングチャンピオンだったイタリアのヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)、3位はベルギーのディラン・トゥンス(BMCレーシングチーム)だった。

(photo : LaPresse - D'Alberto / Ferrari)

■第112回イル・ロンバルディア結果[10月13日/UCIワールドツアー/イタリア/241km]

1. PINOT Thibaut (GROUPAMA - FDJ / FRA) 5:53:22
2. NIBALI Vincenzo (BAHRAIN - MERIDA / ITA) 0:32
3. TEUNS Dylan (BMC RACING TEAM / BEL) 0:43
4. URAN Rigoberto (TEAM EF EDUCATION FIRST - DRAPAC P/B CANNONDALE / COL)
5. WELLENS Tim (LOTTO SOUDAL / BEL)
6. IZAGIRRE INSAUSTI Ion (BAHRAIN - MERIDA / ESP)
7. MAJKA Rafal (BORA - HANSGROHE / POL)
8. POZZOVIVO Domenico (BAHRAIN - MERIDA / ITA)
9. MARTIN Daniel (UAE TEAM EMIRATES / IRL)
10. BENNETT George (TEAM LOTTO NL - JUMBO / NZL)

(photo : LaPresse - D'Alberto / Ferrari)

レース公式サイト