<高校サッカー>大宮東、後半3発で快勝 市浦和なども2回戦へ 14日の組み合わせは

©株式会社埼玉新聞社

 (全国高校サッカー埼玉大会 第1日、13日・大宮東高校ほか=埼玉新聞社など後援)

 52校による決勝トーナメントが開幕し、1回戦計22試合を実施した。大宮東が坂戸に後半の3得点で3―0と快勝。5年ぶりの頂点を狙う市浦和は戸苅のゴールなどで三郷北を3―0で退けた。

 所沢中央は川口に1―0で競り勝ち、大宮南は延長の末、川越を2―1で下した。深谷は埼玉栄と延長の末2―2で決着がつかず、PK戦を6―5で制した。S1リーグで現在2位の西武台は国際学院に2―0。昨年準優勝の浦和西は、前半の4得点などで5―1と東農大三を圧倒した。

 2回戦は14日、埼玉工大などで14試合を実施。3回戦から登場する全国高校総体出場校の昌平、浦和南を除くシード6校が初戦に臨む。

■14日の試合

▽2回戦

【埼玉工大】 東野―正智深谷(10時) 大宮東―入間向陽(12時) 成徳大深谷―慶応志木(14時)

【西武台高校】 川口北―西武台(10時) 西武文理―立教新座(12時) 浦和西―埼玉平成(14時)

【与野八王子】 熊谷―大宮南(10時) 所沢北―市浦和(12時) 武南―春日部東(14時)

【戸田惣右衛門】 浦和東―伊奈学園(10時) 細田学園―浦和学院(12時) 川越東―川越南(14時)

【聖望学園高校】 聖望学園―所沢中央(10時) 深谷―浦和北(12時)

大宮東―坂戸 後半39分、大宮東の越阪部(右)がチーム3点目を決める
三郷北―市浦和 後半16分、市浦和の戸苅がゴールを決める