「パパ、世界一かっこいい!」家族に愛される男と、愛想を尽かされる男。その決定的な違いとは?

港区界隈に生息している、40代・既婚の男たち。その名も「ダディ」。

仕事での成功は当たり前。

ハッピーな家庭も築き、アッパーエリアの公園に出没。

夜はイケてる腕時計をチラつかせ、「オッサン」を自称しつつ、部下にシャンパンを奢る余裕もある。

自他共に認める勝ち組オトコ、それが「ダディ」だ。

これは、今まであまり表立って語られたことのなかった、彼らの物語である。

好調な”ダディライフ”を送っていたリョウ(42)。だが、会社の右腕だと思っていた加納の裏切りが発覚し、その後も汚い手を使いリョウの会社を潰そうと企む。

因縁の男・加納の子供も通う運動会への参加することになったが、当日加納の姿はなく、妻に促されるまま加納の家族を助けることになり…?

「リョウくーーん!がんばってーーーーー!!」

いつもは物静かに喋るタイプの朋美が、ウソみたいな大声を出している。

運動会の保護者対抗リレーが、いよいよ始まろうとしているのだ。子供たちも四郎の妻も、一丸となって応援してくれるのが見え、リョウは自分を奮い立たせた。

ふと加納の妻の方を見ると、こちらも息子を抱っこしながら大声で叫んでいる。

「飯塚さーーーーーーん!!!お願いしまーーーーす!!」

その姿を見ていると、ふと1年前の夏に皆で集まった時のことを思い出した。

あの頃の加納は、リョウにとって絶対的に信頼のおける右腕で、家族ぐるみで一生の付き合いになることに疑いの余地がなかったこと。

この奥さんや小さな息子さんのためにも、会社をますます成功させて加納を稼がせてやらないといけないな、と思ったことなど…。

複雑な思いを封じ込め、リョウはスタートラインに着いた。

リョウはメダルを得ることができるのか?そして、前日に加納の家族に起こった出来事とは…?

加納慎吾:明るみに出る浮気

ー運動会前日ー

プルルルル…

午後10時半、普段めったになることのない家の電話が鳴り続けている。

いつもと違う、何かが起ころうとしていた。

「こんな時間に電話なんて、珍しい」

だがあゆみは特に疑うことなく、受話器を手に取ってしまった。

「はい、加納でございますが」

加納は、冷や汗をかきながら目の前の妻を観察する。

先ほどから、携帯への度重なる着信を無視しており、この電話はしびれを切らしたまりえの暴走かもしれないからだ。

新しい会社を起こす際の書類に書いてあるから、まりえがこの家の電話番号を知っていてもおかしくはない。

「あなた、渡辺まりえさんからよ。会社の件で、緊急の用事があるんですって。携帯電話に全然出ないから家にかけたって仰ってるわ」

「あ、あぁ、わかった」

受話器を受け取り、妻のあゆみの視線を感じながら言葉を選ぶ。とにかく仕事を装い、この場を切り抜けなければ。

「渡辺さん、どうした…」

「ねぇ、どうして電話に出てくれないのよ?私のことが、もう嫌いになったの?」

その口調から、まりえが思いがけず冷静さを失っていることが分かる。言葉に詰まってしまうが、どうにかなだめなければいけない。

「そ、その件については、理解した。わざわざ連絡ありがとう。また明朝、色々整理したら必ず連絡するから、それまで待ってくれ」

「でも…」

まりえはなかなか電話を切ろうとせず、いつまでもゴタゴタと話を続けている。この調子では、仕事のふりをするのも限界だ。

電話が5分を過ぎた頃から、さすがのあゆみも不審な表情になり、こちらに近づいてくる。

「ねぇあなた、大丈夫なの?」

そう問われ、「あぁ、大丈夫だ」と答えたその瞬間。

「全然大丈夫じゃないわよっ!!!奥さん、この人、私と浮気してますから!!!!」

電話口の外にも聞こえるような大声で、まりえが叫んだ。

あゆみの顔から、どんどん血の気が引いていく。加納は自分が全てを失ってしまうことを覚悟し、今ごろ寝室で眠る子供の寝顔が無性に恋しくなったのだった。

愛人発覚により、崩壊した加納の家庭。一方、運動会では…

ダディ、大活躍!

秋の空にリレースタートの空砲が鳴り響き、歓声がより一層大きくなる。

リョウの出番は2回。当初から約束していた通り四郎の代役と、そして急遽決まった加納の代役だ。

チームをまたいで走るという少し強引な展開になってしまったが、仕方ない。

まずは、加納の代わりに1~3歳グループで走る予定だ。

3チームのうち3番手という最下位だが、前走者は本気でこちらに走ってくる。

助走をつけてバトンを受け取り、リョウは何もかも振り払うように全速力で駆け抜けた。

すぐに2番手の走者に追いつく。コーナーで彼を追い越し、僅差で走っていた1番走者に食らいついた。

ほぼ同時に次の走者にバトンを渡し、すぐさま別チームのゼッケンに着替える。今度は四郎の代わりに走るのだ。

「飯塚さん、敵の順番あげちゃってどうするんですか笑」

四郎のチームである4~6歳グループの父親たちからそう突っ込まれながらも、リョウはとりあえず、加納の家族に対してやれることはやったという手応えを感じていた。

あとは、マリちゃんが欲しがっていたメダルを手に入れればー。

大勢の歓声を受けながら、リョウは最終走者としてスタートラインに着いた。

「ねぇパパ、すごい格好よかったよ!!」

保護者対抗リレーで見事1位に輝き、チーム全体に贈られたメダルと商品を見て、娘の美優が幼い頃のように興奮してリョウにまとわりついている。

最近グッと大人びて、すっかり女の子らしくなってしまった美優からの思いがけない賛辞の言葉に少しだけ涙腺が緩みそうになる。

「はい、マリちゃん。これが欲しかったんだよな」

リョウは自分の首にかかっていたメダルをマリに手渡し、無事四郎の代役を果たせたことにホッと胸をなでおろした。

「リョウくん、ほら。マリちゃんとメダルの写真撮ってさ。四郎さんに送ってあげましょ」

朋美にそう声をかけられ、皆で集合写真を撮る。すると、向こうから加納の妻と息子がやってきた。

「飯塚さん、今日はありがとうございました。悠人も飯塚さんの走りを食い入るように見ていて、すごく楽しかったみたいで。それから…今まで、本当にお世話になりました」

意味ありげに頭をさげる加納の妻の腕では、1歳半の息子がケラケラ笑っている。その様子を見た朋美は、なぜか目に涙を溜めていた。

だがその場でそれ以上詳しく聞くわけにもいかず、リョウは思わず手にしていた優勝商品に目を留める。

優勝チームの保護者全員に配られた、何やら黄色いギョロ目のキャラクターが描かれているリュックサック。中にはお菓子が入っている。リョウはマリちゃんの目線に合わせるようにかがんだ。

「マリちゃん。おじさんさ、約束通りメダル取れたから、マリちゃんさえよければ、このリュックは悠人くんにあげようか?」

その代わり、後でアイスクリーム買ってあげるからと耳打ちすると、マリちゃんはキラキラした目を輝かせて「うん!」と頷いた。

「はい悠人君、これあげる。大きくなれよ」

嬉しそうにリュックを受け取る加納の息子を見て、リョウはこの親子が本当に幸せになってくれればいい、と純粋に願ったのだった。

自分の中で、加納への思いに決着をつけたリョウ。果たして、加納の結末は?

パパ、ありがとう!

ー1年後ー

「おーい、朋美、美優、用意できた?」

「はーい!!」

今日は、美優の10歳の誕生日。EMPORIO ARMANIのキッズラインでリョウが一目惚れした、シンプルだが袖と襟に遊び心のあるドレスに身を包んだ美優は、もう一端のレディだ。

『アジュール フォーティー ファイブ/ザ・リッツ・カールトン東京』の店内でも一際輝きを放っている、と親バカなのは承知で目を細めてしまう。

それに、今夜の朋美の魅力的なことといったらどうだろう。

美優と同じEMPORIO ARMANIのリトル・ブラック・ドレス。シンプルだがボディラインを引き立てる美しいカッティングで、朋美の凜とした美しさを引き立てている。

「2人とも、本当に綺麗だよ。あとでお店の人に、写真撮ってもらおうな。パパの誇りだよ」

「やだ、パパ。さっきまで見てた海外ドラマのお父さんの台詞マネしてるの?」

去年よりも更に鋭くなった美優のツッコミにたじろいでいると、朋美がいつものように助け舟を出す。

「いいじゃない。それにしても、美優が無事に10歳になったなんてね…」

美優の受験勉強のため、今は父親であるリョウも完全にサポート体制に入っている。四郎は家族でシンガポールに移住してしまったため、夜も出歩かなくなった。

帰宅し、ラフな部屋着に着替えた朋美と、去年の運動会のお礼として四郎から送られたムートン ロートシルトを開ける。

「なんだか、飲むのが恐れ多いわ…」

そう言っておどけた顔を作る朋美と、何時間でも喋り続ける。もちろん美優のこと、朋美の大好きな節約トークのこと、そしてリョウの仕事のこと。

宏樹が入社して1年で会社はどんどん拡大し、社員数も増えた。つい最近、少し大きめのオフィスビルに移転したばかりで忙しい。宏樹が、ボーッとして危なっかしいアルバイトの山本ミカと付き合い始めたことも忘れずに伝えた。

そしてリョウには、ずっと気にかけていたことがある。

そんな思いを見透かしているかのように、朋美は話し始めた。

「加納さんところもね、随分と落ち着いたみたいよ。別居すると、お互いの存在に感謝できるのかしらね。もう直ぐ悠人ちゃんも3歳になるし、週末は会ってるんですって」

去年の運動会前日、まりえのことがバレた加納は家を追い出され、会社も潰れて散々だったらしい。だが、加納の妻はすぐには奴を見捨てなかったのだ。奴は今はどこかの企業で働いているという。

もちろん、リョウは加納のしたことは許せないし、もう一生共に働くことはないと思っている。

だが、もし仮にどこかで再会することがあれば、こう声をかけるつもりだ。

「父親であることにも、働くことにも、120パーセント全力で臨めよ。もちろん、夫であることにも」と。

リョウは愛しい妻の顔を眺めながら、奴が更生し、良い父親になることを切に望むのだった。

10月14日

最近、塾ばっかりでミキちゃん達と全然遊べない。たまの息抜きはYoutubeとか、あと集中できない時はパパがスタバに連れて行ってくれたりする。辛いけど絶対東洋英和に行きたいし、頑張らなくちゃ。

昨日は私のお誕生日で、パパがすごく素敵なレストランに連れて行ってくれた。

いつも変なことばっかり言ってるからママと呆れることもあるけど、優しいし、たまにはかっこいいなと思うこともある。

たまには。クラスの男子よりは。

今度、パパの誕生日には、私がママとお料理を作ってあげよう。ケーキも作ってみたい。喜ぶかな。

もしかして、泣くかもしれない!明日、ママと計画しよう。

ケーキには、世界一かっこいいパパって書いてあげようかな。

おしまい。

Fin

©東京カレンダー株式会社