古墳王国の群馬 古代繁栄の秘密を説く 高崎で東国文化シンポ

©株式会社上毛新聞社

畿内の古墳の展開について語る白石さん

 東国文化シンポジウム「古墳時代の畿内と東国」(群馬県主催)が13日、高崎市の高崎産業技術専門校で開かれ、講演会とパネルディスカッションが行われた。古代の中心地だった畿内との比較を通じ、東国屈指の古墳王国である群馬県の繁栄を来場者約250人に伝えた。

 国立歴史民俗博物館名誉教授の白石太一郎さんが「畿内における古墳の展開とその背景」と題して基調講演した。

 白石さんは、ヤマト政権では古墳は身分秩序を表現する機能を持つと解説。この観点で歴代の盟主の古墳を特定すると、所在地は奈良盆地から大阪平野に移動しているといい、「東アジアの情勢に対応するため、大陸との交易や交渉を担った大阪湾岸地域などの勢力に主導権が移った」と語った。

 パネルディスカッションは「古墳からみた畿内と東国」の題で行われ、白石さん、埼玉県立歴史と民俗の博物館長の関義則さん、明治大文学部専任准教授の若狭徹さんが持論を述べた。