「幻の枝豆」収穫体験 福岡・中間市

福岡県中間市で13日、市内でしか栽培しておらず、人気の高い「幻の枝豆」の収穫体験があり、約6千平方メートルの畑に家族連れなど約1300人が殺到、先を競って刈り取った=写真。

大豆フクユタカと黒大豆クロタンバを交配した品種で、強いコクと甘味が特徴。市の農業指導員が約20年前、趣味がてら作った種を農家に無償で提供した。作付けが少なく入手が困難なため、2001年から開く年に1度の収穫体験には毎年、大勢の人が訪れる。

収穫した一部は20日から、初めて市内の飲食店で提供する。市担当者は「まめまめしくおいしさを伝え、中間の新名物に育てたい」。

=2018/10/14付 西日本新聞朝刊=

©株式会社西日本新聞社