太陽光初の出力制御 43万キロワット対象 九電、14日も実施へ

九州電力は13日、太陽光発電など再生可能エネルギー事業者に稼働停止を求める出力制御を実施した。離島以外では全国初。原発4基の稼働や再生エネ発電設備の増加などで九電管内の供給力が高まる中、需要と供給のバランスが崩れて大規模停電が起きるのを防ぐため、太陽光の発電量を絞った。14日も実施する。

13日の出力制御は熊本を除く九州6県の太陽光発電9759件、計43万キロワット分が対象。午前11時半ごろから始め午後4時に終了した。

余剰電力が最大だった午後0時半~同1時の需要は851万キロワット。需給バランスを保つため、ダムに水をくみ上げる揚水運転や蓄電池への充電で180万キロワット、他電力会社への送電で192万キロワットを活用しても余る計32万キロワット分を、太陽光発電の出力制御で調整した。九電によると、特にトラブルはなかったという。

14日も九州各地は好天となる一方、気温は上がらず冷房などの電力需要は減少が見込まれることから出力制御を実施する計画。対象は太陽光発電のみで計62万キロワット分を予定している。14日朝の気象予報を基に、最終的な制御量を確定する。

=2018/10/14付 西日本新聞朝刊=

©株式会社西日本新聞社